代表的な乳酸菌 菌株の種類とその効果

免疫力向上↑↑効果がある乳酸菌 R-1乳酸菌&L-92乳酸菌&LG-21乳酸菌

R-1乳酸菌

乳酸菌の一種で、正式名称をラクトバチルス・ブルガリクスOLL1073R-1という桿菌のブルガリア菌の属する株です。
ヨーグルトを作るとき牛乳の混ぜる種菌にもなり、多糖体EPSを多く産生するのが特徴です。


R-1乳酸菌が産生する多糖体は中性と酸性のEPS。
この内の酸性のEPSがマイクロファージやNK細胞を活性化させるインターフェロンを産生し、ウィルスに感染すると攻撃・排除 免疫力をUPさせる効果があるのです。


中でもR-1乳酸菌が注目された効果がインフルエンザの効果があるということ!
正確には、インフルエンザにならないため免疫力を高め予防する事です。
抗インフルエンザ!!乳酸菌で感染予防でも紹介したように、R-1乳酸菌は免疫力を高めることで、インフルエンザの予防摂取の効果をあげていることが、インフルエンザに効果がある!というふうに広まってしまったようです。


また、ストレスのかかる入試や試験などの前には、NK細胞が低下すると言われます。
NK細胞が低下するとインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。

受験生をお持ちのご家庭では、インフルエンザ対策として予防接種と合わせて乳酸菌R-1を継続摂取することをオススメします。
人生の分かれ目になる大事な受験をインフルエンザで台無しにしないためにも、早めの健康管理をオススメしたいです!


加齢やストレス・生活習慣の悪化で低下したNK細胞を活性化させ、健康維持に努めましょう!!


L-92乳酸菌

正式名称 ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株 
長年の乳酸菌研究から見つけたカルピス社独自の乳酸菌。
一般的な乳製品からは摂取することのできないとても貴重な乳酸菌で、とても注目されている乳酸菌です。


注目されている理由は、アトピー性皮膚炎・通年性アレルギー鼻炎・季節性花粉症などのアレルギー発症に関係する免疫バランスをに働きかけ、緩和させる効果が期待できるのです。


アレルギーに大きく関わっているのがTh1細胞Th2細胞の2種類の免疫細胞。この2つの免疫細胞はバランスを保ち、免疫反応をコントロールしています。
食生活や生活環境なでが原因で、免疫バランスガ崩れてTh2細胞に偏りがでるとIgE抗体が過剰作られ、アレルギー症状として出てきます。


乳酸菌L-92はTh1細胞を活性化させる働きがあることがわかっていて、増えすぎたTh2細胞との免疫バランスを整えることで、アレルギー症状を緩和させるのです。
また、乳酸菌L-92は生きたまま腸まで到達してその力を発揮してくれるのです☆


LG-21乳酸菌

正式名称はラクトバチルス・ガセリOLL2716
明治乳業と東海大学医学部の研究チームが発見・製品化された新しい乳酸菌の種類です。


LG-21乳酸菌の効果はとても有名です。


かつては、強い酸性の胃液を出す胃の中に定着する細菌はいないとされていた胃の粘膜に、ピロリ菌が発見されたのです。
このピロリ菌は胃にとってはとても迷惑な存在で、胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因にもなるといいます。


さらには、唯一 悪性腫瘍の引き起こす因子の1つとして見られている危険な細菌なのです。
しかも、日本人の約半数はこのピロリ菌に感染しているという調査結果もあり、知らないうちにピロリ菌に感染しているかもしれないのです!!


また、ピロリ菌は除去しない限り、ずーっと胃の中に居座り続け、胃に炎症を起こさせたりと、悪いことをします。
ピロリ菌を除去する治療法もありますが、副作用のリスクがあるうえに100%除去できないんだとか・・・


そんなピロリ菌を抑制・減少・除去する働きをもつのが乳酸菌LG-21なのです!
腸内環境を整えるだけでなく、胃腸の健康維持にも役立つのは嬉しいですね☆


関連記事
乳酸菌の働き
プロバイオティクスの健康効果
抗インフルエンザ!!乳酸菌で感染予防
胃ガンの原因菌 ピロリ菌にも効果あり!?


←前の記事<<<プロバイオティクス代表☆乳酸菌 ビフィズス菌&ガセリ菌&乳酸菌シロタ株






フォーランドFXとは