代表的な乳酸菌 菌株の種類とその効果

プロバイオティクス代表☆乳酸菌 ビフィズス菌&ガセリ菌&乳酸菌シロタ株

ビフィズス菌

人間をはじめ動物全ての腸内に存在する腸内細菌で、身体に良いとされる善玉菌の1種です。
ビフィズス菌は体内の善玉菌の99.9%を占めています。
糖を分解する際に、乳酸だけでなく酢酸、酪酸、プロピオン酸なども生成するので、乳酸菌の1つと思われがちですが性質が大きく違います。


ビフィズス菌は、酸素が苦手な嫌気性菌。
腸内では酸素のほとんどない大腸に棲息し、消化液では消化しきれないオリゴ糖や食物繊維を分解して増殖していきます。
健康な人の腸内には4-5%のビフィズス菌が存在し、乳酸と酢酸を作り出し腸内が酸性になるようにコントロールしています。
ビフィズス菌の効果は、腸内環境を整え、便秘や下痢を改善・予防します。
また、腸内に集中している免疫細胞を活性化させて免疫力もUPさせる働きをもっています。


ヒトの腸内にいるビフィズス菌は、赤ちゃんの頃は99.9%も保有しています。
加齢や食生活・ストレスでどんどん減少し、成人では約10%にまで減ってしまいます。
腸内環境をいい状態で保つには、ビフィズス菌を摂取し補うことが大切です。


ガセリ菌

ガセリ菌は人間の腸に多く棲む乳酸菌で、ワタシたち日本人のお腹から多く見つかっている日本人由来の動物性乳酸菌です。


乳酸菌の多くは、腸に届く前に胃酸にやられて死んでしまうのですが、このガセリ菌は生きたまま長く腸に留まる善玉菌として世界で初めて認められた乳酸菌なんです!
なんと、小腸に約90日間もとどまり続けたという研究結果も残されています。


ガセリ菌の中でも、ラクトバチルス・ガセリSBT2055(ガセリ菌SP株)インフルエンザ感染防御効果もあり、免疫力の向上にも役立っています。
ガセリ菌SP株は、スノープロバイオティクスの略語で、雪印メグミルクで発見されたことからスノーを名付けられたそうです。


ガセリ菌の効果は他にもあります。
コレステロール値の低下・生体内抗酸化作用・ストレス軽減作用・内臓脂肪・皮下脂肪を減らす効果もあり、ダイエットやメタボ解消にも効果が期待でき、現代人には欠かせない乳酸菌ともいえるでしょう。


乳酸菌シロタ株

乳酸菌飲料 ヤクルトのCMでよく聞く乳酸菌シロタ株。


プロバイオティクスの健康効果のところでも少し紹介しましたが、乳酸菌飲料会社 ヤクルトの創始者 代田稔氏が開発した乳酸菌です。
正式名称はラクトバチルス・ガセイ・シロタ株と言い、別名 ヤクルト菌ともいいます。


乳酸菌シロタ株の特徴は、酸性にも強く、アルカリ性にも強いということ。
胃酸の酸性にも、胆汁のアルカリ性にも耐えぬく強い乳酸菌なのです!


乳酸菌シロタ株はヒトに有益な作用をもたらす微生物プロバイオティクスの代表でもあり、生きたまま大腸にまで届いて働き、便秘・下痢の解消や免疫力のUP・発ガン性物質の生成を抑える効果もあるのです。
しかし、時間とともに体外に排出されてしまうので、継続的に摂取し常時腸内にとどまらせることが、効果を実感するポイントになります。


関連記事
乳酸菌とビフィズス菌は同じ??
プロバイオティクスの健康効果
腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について
乳酸菌は花粉症の症状を改善する?
乳酸菌は生活習慣病の救世主






フォーランドFXとは