乳酸菌の基礎知識

乳酸菌は生きたままじゃなくても効果あり!?

乳酸菌を生きたまま腸に届けるプロバイオティクスが注目されています。


胃酸に負けず、生きた乳酸菌が腸まで届くことで糖分を分解し乳酸を発生させ悪玉菌を抑制。有害物質を排出したり善玉菌を増殖させ、腸内免疫細胞のバランスを改善し免疫力を向上させて、様々な病気を予防するなど色んな効果を持っています。
乳酸菌が生きたまま腸に届けることがとても重要だということがわかると思います。


しかし、動物性乳酸菌を含んだヨーグルトやチーズ・乳酸菌飲料のほとんどは胃酸に分解されてしまい、生きて腸まで届くことができないといいます。
腸に届く前に死んでしまったら、意味がないのでは??と思ってしまいますよね??


ちゃんと意味はあるんです!!!


死滅した乳酸菌は腸に届くと善玉菌のエサとなり善玉菌の増殖を促し腸内環境を整えます。
悪玉菌から生成された有害物質を中和させる・腸内に蓄積されていた老廃物を吸着して体外に排出したり
と、死菌になってもちゃんと働きを持っているのです!!


生きた菌でも死んでしまった菌でも、乳酸菌の菌体成分に変わりはなく、免疫力向上やコレステロール値の抑制にも効果は発揮しているのです。


もちろん、生きた乳酸菌の方がより効果が高いです。
死んでしまった菌でも効果はある!ということなので、意味が無いことはないのですね。




関連記事
乳酸菌を含む食品
ヨーグルトが身体にいい理由
プロバイオティクスの健康効果


←前の記事<<<プロバイオティクスの健康効果






フォーランドFXとは