乳酸菌の基礎知識

プロバイオティクスの健康効果

ヨーグルトのCMなどで「生きたまま腸に届く」などとやっています。 何が生きたまま??と思っていましたが、乳酸菌が生きたまま届くということなんですね(笑)


ん???
てことは、今までは生きたまま届いてなかったのか??


プロバイオティクスとは、腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスを改善し、身体に有益な作用をもたらす微生物。または、その微生物を含む食品(ヨーグルトや乳酸菌飲料)のことを指します。


プロバイオティクスはアンチバイオティクス(抗生物質)に対比する考えから生まれました。
アンチバイオティクスが病気になってから細菌を退治する治療法なら、プロバイオティクスは病気になる前に良い菌を体内に増やして予防するという考えです。
プロバイオティクスと呼ぶには、いくつかの条件があります。


プロバイオティクスの条件

もともとヒトの大腸内の常在微生物である
胃酸や胆汁酸などで消化・分解されず腸まで届くこと
腸内で増殖できること
腸内フローラのバランスを改善・腸内の腐敗物質を減らす効果がある
抗菌性物質を生みだしたり、病原性を抑制する作用がある
食品・医薬品として安全性が高い
簡単に摂取することができる
生産時に、扱いやすく・価格や費用が安いこと


これらの条件をクリアしたものがプロバイオティクスといえるのです。

プロバイオティクスに使われる細菌をいくつか紹介します。


動物性乳酸菌


ブルガリア菌・・乳酸菌ラクトバチルス属の1種でヨーグルトの種となる菌(スターター)の1つで、整腸作用・腸内の有害物質の生成を抑制する効果があります。

LG21 乳酸菌・・・乳酸菌ラクトバチルス属の1種で、ヒト由来ピロリ菌の撃退・除去に効果的ピロリ菌を原因とする胃炎や胃潰瘍・胃がんなどを抑制する働きがあり、腸だけでなく胃腸も健康にする効果が期待出来ます。


1073R-1 乳酸菌・・・ブルガリア菌の1種で、免疫機能を活性化させる多糖体・EPSを豊富に産出し、ウィルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃するNK細胞を活性化させ免疫力を高める効果があります。
免疫力を高めることで、アレルギーの抗原・インフルエンザウィルスの抑制にも効果があると注目された乳酸菌です。


ラクトバチルス・ガセイ・シロタ株・・・乳酸菌ラクトバチルス属1種で、別名「ヤクルト菌」とも言われています。
乳酸菌飲料会社 ヤクルトの創始者 代田稔が開発した乳酸菌で名前もそこからつけられました。
乳酸菌飲料ヤクルトの製品、ほとんどにシロタ株は含有されています。
耐酸性で胃酸や胆汁酸で死滅すること無く腸まで届き、排便まで生き続けられるという強い乳酸菌です。
便秘・下痢の解消や免疫力のUP・発ガン性物質の生成を抑える効果があります。


カルピス菌・・・乳酸菌と酵母を含む微生物の共同体で、清涼飲料「カルピス」製品に使用される原材料のことを指します。


LC1 乳酸菌・・・LG21 乳酸菌と同様に胃にも働き、ピロリ菌を抑制します。
また、腸壁をコーティングするように、食中毒の原因サルモネラ菌や大腸菌O157の腸内感染も防いでくれます
また、交感神経を抑え、血圧を減少させる効果もあるようです。


ガセイSP株・・・日本人由来の乳酸菌で生きて腸に届くだけでなく、小腸に長くとどまることができるのが特長。
整腸作用の他に、コレステロールの低下・抗酸化作用などの健康効果や、内臓脂肪低減でメタボ解消にも効果があります。


ビフィズス菌 LKM512・・・ビフィズス菌の1種で、胃酸に分解されず高い生存率で腸まで届き、さらに大腸で増殖する特長を持っています。大腸で善玉物質 ポリアミンを生成します。このポリアミンが腸内で濃度が高まると寿命も伸びる!?という説もあるそうです。
便秘の改善・アトピー性皮膚炎の軽減効果、腸の老化も防ぎ、寿命伸長効果もあります。


植物性乳酸菌


ラクトバチルス・プランタラム・・・植物由来の乳酸菌の1種で、胃酸にも強く生きたまま腸まで届き整腸作用・免疫力向上・免疫細胞のバランスを改善してアレルギー症状を緩和・予防に効果があるといいます。
ラクトバチルス属菌は漬物などに多く存在し、食品の保存にも一役かっています。


ラブレ菌b・・・最近よく聞く乳酸菌の名前の一つ。京都の伝統的な漬物の1つ「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌です。日本人の腸と相性が良い乳酸菌と言われ、酸や塩分にも強いたくましい乳酸菌です☆
ラブレ菌は整腸作用はもちろん、腸内でリンパ球を刺激しインターフェロンαを作ります。インターフェロンαが、NK細胞を活性化させがん細胞やウィルスを排除する働きをします。
また、インターフェロンα自体も、v抗ウィルス・抗がん作用を持ち、免疫機能を上げる効果があるといいます。
他にも、コレステロール値も低下させ、生活習慣病の予防にも役立ちます。


プロバイオティクスに使われる細菌の多くが乳酸菌やビフィズス菌であることがわかります。
他にも、納豆菌や糖化菌、酪酸菌・酵母類などにもプロバイオティクスに使用される菌があります。


プロバイオティクスの効果を上げるには、腸内で消化されにくいオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂るとパワーアップします☆

オリゴ糖や食物繊維は、消化器官で消化・分解されにくく、腸内のプロバイオティクスのエサになる善玉菌のみを増やし、腸内環境を整え健康維持に役立つという性質。
これらの性質をもつものをプレバイオティクスといい、プロバイオティクスの働きを助ける物質なのです。

プロバイオティクス(ヨーグルトや乳酸菌飲料)+プレバイオフィクス(きなこやハチミツ)をいう組み合わせて摂取することのできる機能性食品を「シンバイオティクス」といいます。


関連記事
乳酸菌とは?
乳酸菌の働き
腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について
免疫力向上↑↑効果がある乳酸菌 R-1乳酸菌&L-92乳酸菌&LG-21乳酸菌
乳酸菌は生きたままじゃなくても効果あり!?


←前の記事<<<ヨーグルトが身体にいい理由






フォーランドFXとは