乳酸菌の基礎知識

ヨーグルトが身体にいい理由

ヨーグルトが身体にいいと言われていることは、有名ですよね。

最も有名なのは、整腸作用があり、おなかの調子を良くするという効果でしょう。
実はそれ以外にも身体に良い効果がいっぱいあるのです!


ヨーグルトの主原料である牛乳。
牛乳は、タンパク質・カルシウム・ビタミンがバランスよく含まれた栄養価の高い食品です。
そして、その牛乳に酵母や乳酸菌を入れ、発酵させてできるのがヨーグルト。
もともと栄養価の高い牛乳を発酵させることで乳酸菌を増殖させることで、栄養を摂るだけでなく身体にとって様々な良い効果を与える乳酸菌も一緒に摂ることが出来る万能食品なのです。


ヨーグルトとひとことでいっても、プレーンヨーグルト・飲むヨーグルトなど色々あり、発酵の方法や入っている乳酸菌も商品によってマチマチのようです。
ヨーグルトの定義「ヨーグルトとは乳及び乳酸菌を原料とし、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在し、その発酵作用でつくられたもの」とされています。


ヨーグルトの効果


整腸作用・・・ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内で代謝することで悪玉菌の1種 ウェルシュ菌を減少させ、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えます。
便秘の改善・予防だけでなく下痢にも効果があるのです!


免疫力向上・・・数年前から花粉症にはヨーグルトがいい!といわれるようにアレルギーや病気に対しての免疫力をUPさせる効果もあります。すべてのヨーグルトではありませんが、ある種類の乳酸菌が入ることで免疫力UPされるんだそうです。
有名なのは免疫力がUPするからインフルエンザ対策にもなると、R-1ヨーグルトがTVで放送されると、お店からR-1ヨーグルトが消えるほどの人気だった記憶があります。


ダイエット効果・・・朝ヨーグルトダイエットなど、ヨーグルトでダイエットをする方法もあるくらい、ダイエットにも効果を発揮するヨーグルト。
その理由は、整腸作用で腸内に溜まった便を排出したり、食事制限などでダイエット中に不足しがちな、タンパク質やミネラル・カルシウムなどを補うためにも栄養価の高いヨーグルトを食べ、健康的にダイエットする効果があるのです。


ヨーグルトの中に入っている乳酸菌やビフィズス菌により、
腸内のニ大善玉乳酸菌 ラクトバチルスとビフィズス菌が増えると腸内環境も良くなり、腸内にある免疫細胞も活性化されます。
結果、ヨーグルトを食べる=免疫力UP=健康な身体が維持出来るということに繋がるんですね。



関連記事


乳酸菌とは?
乳酸菌の働き
腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について
乳酸菌を含む食品
驚きの乳酸菌パワー☆


←前の記事<<<乳酸菌を含む食品






フォーランドFXとは