乳酸菌の基礎知識

乳酸菌を含む食品

乳酸菌を含む食品はたくさんあります。 ヨーグルトやチーズ、納豆、漬物、キムチなどが有名です。 食品に含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分類され、それぞれ特徴にも違いがあり、もちろん含まれる食品も違います。


ヨーグルトをはじめ、チーズやバター・乳酸菌飲料などの乳製品は乳酸菌が多いという認識が広まっていてすぐに思いつく食品です。


ですが、日本は古来より無意識に乳酸菌を取り入れた食生活を営んできているのです。
和食には欠かすことの出来ない、醤油や味噌も乳酸菌を多く含んでいます。
他にも漬物や納豆などの発酵食品、ちょっと前に注目された塩麹にも乳酸菌は多く含まれています。


中でも、ヨーグルトに匹敵するほどの乳酸菌を含むのがキムチ。
植物性乳酸菌のみならず、動物性乳酸菌も含まれ色んな種類の乳酸菌を摂ることが可能です。
漬物やキムチは、食物繊維も多く含み腸内の善玉菌も増やす働きも持っています。


また、乳酸発酵を利用したワインや日本酒にも乳酸菌が含まれています。
アルコールにも乳酸菌が含まれているのには驚きですね。
ワインのおつまみにチーズ・日本酒には漬物と乳酸菌を含んだ者同士を組み合わせることで、効果的に乳酸菌を増やすことができるのでしょう。


植物性乳酸菌・動物性乳酸菌の違い


乳酸菌は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌 大きく2種類にわけることができます。

生乳(牛やヤギの乳)から作られる乳酸菌を動物性乳酸菌
野菜など植物由来の発酵食品に含まれる乳酸菌を植物性乳酸菌と呼び、含まれる食品も性質・働きも大きく違います。


【動物性乳酸菌】
性質・・・乳糖を栄養源としており、環境の整ったところで単独で棲息。他の微生物との共存は出来ない
胃酸などに弱く分解されてしまうので、生きたまま腸に届くことはできない


多く含まれる食品・・・ヨーグルト・チーズ・バター・乳酸菌飲料などの乳製品


働き・・・動物性乳酸菌に作り出す乳酸や酢酸は、腸に刺激を与えて動きを活発にする働きを持っています。
胃酸で死んでしまった動物性乳酸菌も、腸内でまだまだ働いてくれています。
分解され死んでしまった動物性乳酸菌には、生きたままの乳酸菌ではできない働きをしているのです。


善玉菌のエサとなったり、腸内フローラ(腸内細菌全体のこと)を還すことなく直接的に免疫細胞を活性化させ免疫力を上げるという働きを担っているのです。


死んでも働く動物性乳酸菌の力には驚きです!!!


【植物性乳酸菌】

性質・・・どんな環境にも棲息し、生命力の強い乳酸菌。
動物性乳酸菌より酸にもアルカリにも強く胃酸にも分解されないので、生きたまま腸まで乳酸菌を届けることができるのです☆
また、栄養源もブドウ糖の他に果糖やショ糖などの糖類からも発酵することが可能。
また、高濃度の食塩中でも棲息することができる強い乳酸菌なのです。


多く含まれる食品・・・漬物・ぬか漬け・味噌・醤油・納豆・キムチなど


働き・・・乳酸菌が生きたまま腸内に届くことで、善玉菌を増やす・腸の機能高め消化・吸収を促進・便秘や下痢の改善、予防など分解されてしまった乳酸菌の約10倍の整腸効果があると言います。
腸内環境が整うことで、体調も改善する働きを持っています。


関連記事
乳酸菌とは?
プロバイオティクスの健康効果
乳酸菌は生きたままじゃなくても効果あり!?


←前の記事<<<腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について


次の記事>>>ヨーグルトが身体にいい理由へ→





フォーランドFXとは