乳酸菌の基礎知識

腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について

ヒトの腸内には、約100-500種類・約100兆個の細菌が棲息していると言われています。 腸内に100兆個と言われても想像できない数字ですよね・・・


腸内細菌は、大きく3つの種類に分けられます。
腸内細菌は、ヒトの健康に役立つ善玉菌、健康を阻害する悪玉菌、そして善玉菌でも悪玉菌にも属さない中間菌の日和見菌の3つの菌から構成され、
善玉:悪玉:日和見菌 2:1:7の割合がBESTなバランスとされています。


善玉菌


主な働き・・・乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸で腸内を酸性にし、酸性の環境が苦手な悪玉菌の増殖を抑制、腸内菌叢のバランスを整え、悪玉菌の発生を抑える、腸内環境を整え便秘や下痢を改善・予防、免疫力を高め感染症を予防する、食べ物の消化・吸収を促進・ビタミンを合成・発ガン性物質の分解など、身体にとって有用な働きをしてくれています。


代表的な菌・・・ビフィズス菌・乳酸桿菌(ラクトバチルス)・乳酸球菌(ラクトコッカス)など


善玉菌を増やす方法・・・ビフィズス菌を補給したり、ビフィズス菌の栄養となる食べ物を摂取することが重要です。
最近注目されているプロバイオティクス(身体によい働きをする生きた微生物で、生きたまま腸に届く菌)を摂取することが、善玉を増やす効果的な方法と言えそうですね。


また、オリゴ糖やプロバイオフィクスを用いた製品は、腸内の善玉菌にだけ利用でき悪玉菌は利用できないをいう特性をもっているので、さらに効果的に善玉菌をふやすことができます。


悪玉菌


悪玉菌は、腸内で腐敗物質を産生し悪臭のもとで身体に有害な作用を起こす腸内細菌。
便やおなら・体臭・口臭もこの悪玉菌が原因なんです。


腸内腐敗や細菌の毒素を産生したり、発ガン性物質の産生などが主な有害性と言われ、腸内の腐敗は慢性の便秘や下痢を引き起こし、アンモニア・硫化水素・インドールなどの有害物質を作り出し腸内環境は悪化していってしまいます。

代表的な菌・・・大腸菌(毒性株)・ウェルシュ菌・ブドウ球菌など


悪玉菌の増える原因・・・不規則な生活や運動不足・また過度のストレスなどで悪玉菌は増殖していきます。


また食の欧米化に伴って、日本人の悪玉菌は昔よりも増えてきているといいます。
欧米食は肉食中心。動物性脂肪を多く含む肉類は多く摂取することで悪玉菌が増えます。


また、肉に含まれるタンパク質・脂肪・コレステロールが悪玉菌によって発がん物質に変換され、ガンのリスクも高まるとも言われています。


日和見菌


善玉菌でもなく悪玉菌でもない腸内細菌の1種。
腸内環境の状況に応じて優勢な方に味方をする日和見菌


食べ物やストレス・睡眠などの生活環境・加齢により、善玉菌と悪玉菌のバランスは変化します。
赤ちゃんの頃は95%がビフィズス菌(善玉菌)。圧倒的に善玉菌が優勢の状態です。


しかし、大人と同じ食べ物を口にしていくことで、どんどん日和見菌と悪玉菌の割合が増え、食生活や加齢などで日和見菌が悪玉菌に加勢して悪玉菌の増殖を促してしまいます・・・

代表的な菌・・・大腸菌(無毒株)・バクテロイデス(無毒株)


理想の腸内環境を保つには・・・腸内環境をいい状態で保つには、日和見菌次第といえるでしょう。


その理由は、腸内細菌の中で1番割合が多いのが日和見菌。
中間菌である日和見菌は善玉菌・悪玉菌の優勢の方に加勢するので、善玉菌が優勢ならば腸内環境はよくなり、悪玉菌に加勢してしまえば腸内環境は悪化するのです



関連記事
乳酸菌の働き
乳酸菌とビフィズス菌は同じ??
プロバイオティクスの健康効果


←前の記事<<<乳酸菌とビフィズス菌は同じ??


次の記事>>>乳酸菌を含む食品へ→





フォーランドFXとは