乳酸菌の基礎知識

乳酸菌とビフィズス菌は同じ??

乳酸菌とビフィズス菌 どちらもお腹に良いと言われていますが、同じものなのか違うものなのか? ハッキリとした違いを知らない人が多いと思います。


私も実際のところ、よくわからないのが本音です。


ビフィズス菌は乳酸菌の一種なのか??
ビフィズス菌と乳酸菌は、どちらも私たちの腸内に常在する細菌1000兆個の中の身体に良いをされる善玉菌の仲間。ですから、ビフィズス菌は乳酸菌ではありません・・・
分類学上も菌の性質異なるので、まったく別の菌として認識しておきましょう。


ビフィズス菌は、ヒトの腸内細菌の1つで成人の腸内の善玉菌99.9%がビフィズス菌なのです。
このビフィズス菌をサポートするのが乳酸菌とされています。


乳酸菌とビフィズス菌の違い


乳酸菌とビフィズス菌のは違いがいくつかあります。
菌の形も全く異なり、腸内善玉菌中の占有率もビフィズス菌が99.9%と圧倒的に多いです。


乳酸菌は、ヒトや動物の腸内だけでなく自然界や乳製品・発酵食品中にも棲息しています。
一方、ビフィズス菌は酸素に弱い偏性嫌気性のため、ヒトや動物の腸内にしか棲息出来ません。
腸内でも酸素のがほとんどない大腸を主な棲息場所としています。


作り出すものも少し違います。
乳酸菌は乳酸のみですが、ビフィズス菌は酢酸・乳酸・ビタミンB群・葉酸を作り出します。
乳酸菌にはない特別な健康効果をもたらすのが、ビフィズス菌の特徴でもあります。


大きく違う点は働き☆
乳酸菌はビフィズス菌が棲みやすい環境を作る働きをし、
ビフィズス菌は腸内環境と整え便秘や下痢を改善・免疫力を高めるなどの働きをします。


ビフィズス菌は、出生時には99%以上常在しています。
加齢や食生活・ストレスなどでどんどん減少し成人になるとなんと約10%、60歳頃には約1%以下にまで減少してしまうのです・・・
ビフィズス菌が減少してしまうと免疫力も上がり病気にもかかりやすくなってしまいます。


そうならないためにも、積極的にビフィズス菌やビフィズス菌をサポートする乳酸菌を摂取し、
ビフィズス菌が棲みやすい環境を整える必要があるのです☆


関連記事

腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について
乳酸菌の働き
プロバイオティクスの健康効果


←前の記事<<<乳酸菌の働き






フォーランドFXとは