乳酸菌の基礎知識

乳酸菌とは?

乳酸菌という言葉は誰もが聞いたことのある言葉なので、多くの人に知られていることでしょう。 ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれていて整腸作用があるといいうことが有名です。


そもそも、乳酸菌とはナニモノなのでしょう??
乳酸菌は細菌の一種で、オリゴ糖などの糖を利用して乳酸をはじめとする酸を作り出す細菌の総称なのです。
現在わかっているだけでも約350種類存在し形や種類も様々。


乳酸菌の特徴


形状・・・球状の乳酸球菌(ラクトコッカス属・ロイコノストック属)、桿状の乳酸桿菌(ラクトバチルス属)に分類され、コッカス菌は球菌、ビフィズス菌やガセリ菌は桿菌になります。
大きさは、2-4μm(1μmは1/1000mm)と、とても小さく目に見えるものではありません。


栄養源は外部からの栄養が必要で、乳酸菌を体内で増やす場合には乳酸菌の栄養(乳酸菌のエサ)となる食品を摂取すると、効率的に乳酸菌を摂ることが出来るでしょう。
消費したブドウ糖に対して50%以上の乳酸菌を産生することが乳酸菌の定義


酸素があると生きられない嫌気性菌と、酸素があっても生きられる通性嫌気性菌があります。
乳酸菌は自然界にも広く存在し、私達ヒトの体内にも多くの乳酸菌が常在しています。


人の体内に常在する乳酸菌は、私達の体内で良い働きしてくれる善玉菌でもあります。
代表的な善玉菌はビフィズス菌やラクトバチルス(乳酸桿菌)。これらは、乳酸菌の一種であり乳酸菌が身体にとって良いと言われる理由です。また、体内には、アシドフィルス菌・フェカーリス菌(乳酸球菌)なども常在しています。


乳酸菌を含む食品で有名なのがヨーグルト。
チーズやバターなどはっ酵乳のほとんどに乳酸菌は含まれています。
他にも、漬物・みそ・醤油・納豆などの発酵食品にも含まれているのです。


食品に使われる乳酸菌は種類が決まっていて、ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌動物性乳酸菌漬物やみそなどの含まれる乳酸菌植物性乳酸菌です。
納豆に含まれる納豆菌は、悪玉菌をやっつけ善玉菌増やすという特性も持っています。


動物性の特性は、酸・熱に弱く、胃酸や胆汁で死滅しやすい・・・
一方、植物性は酸・熱にも比較的強く生きて腸まで届きやすいため、効果が期待できる植物性乳酸菌が注目されているのです。


関連記事

乳酸菌の働き
乳酸菌を含む食品
腸内細菌 善玉菌と悪玉菌について

次の記事>>>乳酸菌の働きへ→




フォーランドFXとは