乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の1日の摂取量の目安は??

乳酸菌を含む、ヨーグルトやチーズ・キムチや味噌・醤油・乳酸菌飲料など食品として摂る場合、どのくらいの量を摂取したらいいのか?摂取量の制限などは特にはありません。 また、過剰摂取しても副作用の心配はないといわれています。(ヨーグルトなどは食べ過ぎるとお腹が緩くなるひともいますが・・・)


乳酸菌の効果を期待するのであれば、多めに継続的に摂取していくことが必要でしょう。1日だけ大量に食べても、効果はほとんどないと考えたほうがいいです。


食品などから摂取した乳酸菌は腸に長くとどまっていることはほとんどなく、便と一緒に排出されてきてしまいます。ですから、乳酸菌サプリの力を借りるなど、毎日摂取し続けることで良い腸内環境を維持することができるのです。


(参考・・・乳酸菌サプリおすすめランキング


理想的な乳酸菌の1日の摂取量とはどのくらいなんでしょう??摂取した乳酸菌が有効的に作用するために必要な乳酸菌を、数として考えると死菌で1兆個以上の乳酸菌が必要なんだそうです!!1兆個と言われても、ヨーグルトに乳酸菌が何個入っていると書いてあるわけではないので、数として考えるのはなかなか難しいでしょう。


プレーンヨーグルト250ml(半分)で摂取できる乳酸菌は約20億-30億個。ヤクルト1本に150億個。ヤクルト400には400億個の乳酸菌が入っていると言います。単純に考えると、毎日ヤクルトを約6本飲めばいいことになります。


しかし、腸内環境は人それぞれ違います。乳酸菌の種類の相性や、もともと常在している乳酸菌の数違うのでどれをどれだけ摂ると有効かということはわかりません・・・


自分の腸には、どの種類の乳酸菌と相性がよいのか?毎日どれくらい摂るといいのかは、自分で試してみる必要があります。1週間から2週間かけて、同じものを継続して摂取して調子が避け慣れば相性がよいという事です。


特に変化も感じられないなら、相性がよくなかったのでしょう・・・他の種類の乳酸菌を配合してあるもの変えてみるといいでしょう。


奨励されている摂取量の目安としてはヨーグルト1日200g。1回で食べきるのではなく朝・夕2回に分け、胃酸の分泌が弱くなる満腹時、つまり食後に食べることが有効的なようです。

関連記事
乳酸菌とは?
乳酸菌を含む食品
ヨーグルトが身体にいい理由


←前の記事<<<乳酸菌は生きたままじゃなくても効果あり!?


次の記事>>>簡単に乳酸菌を摂る方法へ→





フォーランドFXとは